海運会社の経営革新計画

11月、12月と日本政策金融公庫さんから頼まれてよろず支援拠点扱いで2社ブラッシュアップをさせていただきました。
計画の内容については要点をお話しするとほぼ会社の方で書くことができるのですが
数値計画は経営革新計画の要件に当てはまるようにしなければなりません。
船舶の新造は減価償却費が増加することや借入金金利が増加することでそのまま書けば
間違いなく経常利益が赤字になってしまいます。
そこはノウハウや事前の打ち合わせが必要な部分です。
明日も1社、ご相談にお見えになります。
1月の経営革新計画承認を目指して頑張ります!

新造船やリプレイスで日本政策金融公庫からの融資をお考えならば金利が下がりますのでご相談ください!

Written by

Comments are closed.