海事代理士会 四国支部総会

日本海事代理士会四国支部通常総会及び四国支部研修会のためにBOLTで川之江に行ってきました。
今日は天気が良かったので早めに出て国道を走ったのですが、途中渋滞に巻き込まれ三好市池田町で時間がなくなり高速道路へ。
四国中央市川之江には30分前に着いていたのですが、そこから道に迷い(泣)
着いたら4分遅刻しました。
私が着いてから総会が始まりました。(汗)
皆様ご迷惑をおかけしました。(謝)
総会も無事に終了し、研修会へ。研修会のテーマは「建設機械打刻申請及び関連業務について」
打刻とは建設機械を登記するため建設機械に固有番号をつけることです。
銀行から融資を受けるためには必ず必要です。
どうして海事代理士が建設機械を?と思われるかもしれませんが、プッシャー・バージ船の
バージ部分は建設機械扱いになるので海事代理士が登記を行います。
銀行時代に海運会社に出向していましたが、プッシャー・バージ船を国内売船したとき
この問題がでてきました。
船舶と違ってバージは船籍港が動かせないなどわりとややこしかった記憶があります。
研修後は海事代理士諸先輩のフリートーク。
本日は海事代理士の営業の仕方や船舶登記の注意点やいろんな船舶関係法の改正された点
またまた事務の具体的な注意点などいろいろ勉強させていただきました。
一日ありがとうございました。

IMG_0043

 

Written by

No Comments Yet.

Leave a reply